作業員不明で東北新幹線など遅れ 男性と連絡取れず、2万人影響

東北新幹線
東北新幹線
2022年11月22日
共同通信共同通信

 東北新幹線は22日午前、行方不明になった夜間作業員の捜索のため、速度を落として運転し、同線と上越新幹線、北陸新幹線に最大で約1時間10分の遅れが出て、約2万3300人に影響した。午前8時半ごろに通常の速度での運転を開始した。

 JR東日本によると、午前3時25分ごろ、大宮―小山駅間で点検作業をしていた6人のうち1人の男性作業員と連絡が取れなくなっていることが判明。線路内にいる可能性があったため、速度を落として運転していた。男性は見つかっておらず、埼玉県警に届け出た。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/