河村市長、ハンドサインで謝罪 「卑わいな意味認識せず」

記者会見で、女性アイドルと写真撮影した際の右手のポーズについて謝罪した名古屋市の河村たかし市長=21日午前、名古屋市役所
記者会見で、女性アイドルと写真撮影した際の右手のポーズについて謝罪した名古屋市の河村たかし市長=21日午前、名古屋市役所
2022年11月21日
共同通信共同通信

 名古屋市の河村たかし市長は21日の記者会見で、市内で開かれたイベントで女性アイドルと写真撮影した際、右手でつくったポーズに関し「卑わいな意味を持つハンドサインと認識していなかった。不快な思いをした方には、おわび申し上げる」と謝罪した。ポーズはインターネット上で物議を醸していた。

 イベントは12、13日に開催された「韓国フェスティバル2022in名古屋」。河村氏は公務として視察中、女性アイドルに求められ写真撮影に応じた。

 河村氏によると、女性から指でハートをつくるポーズを指定された。「卑わいな意図は全くなく、このようになるとは想像もできなかった」とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/