24団体に3580万円の助成金 社会貢献活動への取り組み

2022年07月21日
共同通信共同通信

 全国のパチンコ店などでつくるパチンコ・パチスロ社会貢献機構(宮田亮平代表理事)は21日、生活困窮世帯の支援や子どもの育成などに取り組む17都道府県の24団体に計3580万円の助成金を贈った。

 助成対象は、児童養護施設で生活する子どもを支援する北海道の公益社団法人「心の里親会・奨学会」や、新型コロナウイルス禍で困窮する世帯に食料支援を行うNPO法人「神奈川フードバンク・プラス」など。東日本大震災の伝承事業、ギャンブル依存の予防や解決に取り組む団体にも助成する。

 本年度の助成金には92件の応募があり、貢献度の高さなどを審査し選定した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/