メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

「家賃支援給付金」複雑な契約関係が申請の"壁"

2020.9.21 6:01 西日本新聞
1990年代に交わされ、変色してきた賃貸借契約書。更新されていないと、給付金申請時に新たな証明書が必要となる(写真の一部を加工しています)

1990年代に交わされ、変色してきた賃貸借契約書。更新されていないと、給付金申請時に新たな証明書が必要となる(写真の一部を加工しています)

申請後も審査に時間  国が7月に受け付けを始めた「家賃支援給付金」の利用が伸び悩んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大で収入が激減した個人事業主などの家賃負担を軽減する目玉政策だが、「申請に必要な資料 ...

関連記事 一覧へ