メニュー 閉じる

47NEWS

社会

社会

高知空港で200人検査やり直し 搭乗前、金属探知機電源切れ

2018.12.8 0:14 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日午後6時ごろ、高知空港(高知県南国市)の保安検査場で、金属探知機の電源が切れている状態で6人を通過させるトラブルがあり、検査場を通過していた約200人の検査をやり直した。この影響で、日航と全日空 ...

関連記事 一覧へ