メニュー 閉じる メニュー

大動脈弁狭窄症 カテーテル手術負担軽く「TAVI」県内で拡大

2019.12.2 10:00 愛媛新聞
心臓の模型や画像を使いながら「TAVI」について説明する県立中央病院の岡山英樹医師=11月上旬、松山市春日町

心臓の模型や画像を使いながら「TAVI」について説明する県立中央病院の岡山英樹医師=11月上旬、松山市春日町

 「大動脈弁狭窄(きょうさく)症」の患者を対象にした手術「TAVI(タビ)」=経カテーテル大動脈弁留置術=が県内で広がりつつある。太ももの血管などからカテーテルを挿入するため体への負担が少なく、体力面 ...