メニュー 閉じる

47News

医療新世紀

47NEWSの医療・健康サイトは、共同通信社と52新聞社が役に立つ医療、介護、健康情報をお届けします。最新ニュース、医師ら医療専門家のコラムやQ&A、共同通信の連載「医療新世紀」などの関連記事も充実。

母乳育児は内膜症リスク低 

2017.11.28 0:47
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 母乳育児をした女性は子宮内膜症になりにくいとの研究結果を、米ハーバード大などのチームが発表した。内膜症のリスクは、母乳育児の期間が長いほど低下した。

 この病気は体内の子宮以外の場所に子宮内膜と似た組織ができ、強い月経痛などの症状が出る。

 研究は、妊娠経験がある米国女性約7万2千人が対象。1989年から約20年の追跡期間中に約3300人が子宮内膜症になった。

 母乳育児期間が通算3年以上あった女性は、1カ月未満の女性に比べ、子宮内膜症になるリスクが40%低かった。1回の妊娠で母乳育児期間が3カ月延びるごとに、リスクが8%減るという関係があった。

 
 

 

最新記事