メニュー 閉じる メニュー

医療新世紀

47NEWSの医療・健康サイトは、共同通信社と52新聞社が役に立つ医療、介護、健康情報をお届けします。最新ニュース、医師ら医療専門家のコラムやQ&A、共同通信の連載「医療新世紀」などの関連記事も充実。

目指せ高血圧ゼロの町 学会が支援自治体を公募

2019.9.10 0:00

 日本高血圧学会は、自治体主導で住民の高血圧対策に取り組むプロジェクトを推進し「高血圧ゼロのまち」を目指す都道府県、市区町村を募集している。学会事務局は「高血圧専門医を中心に学会員がメンバーに加わり、企画やプロジェクト遂行に助言や支援をしていく。できるだけ多数の自治体に参加してほしい」としている。

 
「高血圧ゼロのまち」のシンボルマーク(日本高血圧学会提供)

 同学会によると、日本の高血圧患者は約4300万人。そのうち約1400万人は高血圧の認識がなく、約450万人は認識していても未治療のままだという。

 プロジェクト内容に指定はなく、地域の特性に応じた設定が可能。例えば対象は「全住民」「特定健診対象者(40~74歳)」「職域集団」「学校児童・生徒」などが考えられるとした。

 実際の取り組みとしては、血圧測定の励行や受診勧奨、減塩・運動・禁煙といった生活習慣の改善などを進める想定。「対象者の血圧測定率を上げる」「重症高血圧患者を減らす」「未治療患者を減らす」など、あらかじめ設定した項目について目標を決め、どの程度達成したかを検証し報告書を作成する。学会から資金提供はしない。

 どんなプロジェクトが望ましいかについては、学会事務局に相談すれば専門家からレクチャーを受けることもできる。公募期間は来年3月末まで。プロジェクト自体は2025年までの間の3~5年間を想定している。

 終了後には報告書に基づき優秀な成果を収めたプロジェクトを学会で表彰。関係者を学術総会に招いて講演してもらう。申し込み、問い合わせは同学会事務局モデルタウン募集係、電話03(6801)9786。

(共同通信 由藤庸二郎)

最新記事