メニュー 閉じる

医療新世紀

47NEWSの医療・健康サイトは、共同通信社と52新聞社が役に立つ医療、介護、健康情報をお届けします。最新ニュース、医師ら医療専門家のコラムやQ&A、共同通信の連載「医療新世紀」などの関連記事も充実。

"隠れ睡眠不足"あるかも20代男性で1時間程度

2016.11.15 9:37
 毎日よく眠れて寝不足の自覚がない人でも、本当に必要な睡眠時間には足りていないかも―。国立精神・神経医療研究センターの三島和夫部長らのチームが、20代男性への睡眠試験を基に、こんな警告を発している。

 本来必要な睡眠時間は普段の睡眠時間より平均1時間ほど長いと考えられ、睡眠の充足でストレスに関わるホルモン分泌などが改善したという。

 20~26歳の男性15人に明るさを調節できる実験室に入ってもらい、試験前日は普段通りに就寝させたが、9日間にわたる試験の間は、夜10時から朝10時までの12時間、室内を真っ暗にし、その環境でどれだけ睡眠が延長するか観察した。

 15人の普段の睡眠時間は平均7時間22分で、同年代の平均と同じくらい。全員が睡眠不足の自覚はなかった。

 しかし睡眠延長試験に入ると、ほとんどの人に初日は10時間以上眠る「リバウンド」と呼ばれる現象が現れ、その後約1週間かけて睡眠時間が徐々に短縮し安定化する傾向が見られた。

 睡眠時間の変動カーブを基に安定化する時間を計算すると、平均8時間25分となり、三島部長らはこれを「必要睡眠時間」と名付けた。普段の睡眠時間との差である約1時間が「潜在的睡眠不足」とみられるという。

 試験の前後で血液検査をしたところ、試験後は空腹時の血糖値やストレス応答に関わるホルモンなど5種類の検査数値が、いずれも正常範囲内だが、望ましい方向へと変化していた。

 三島部長は「潜在的睡眠不足は、本人の自覚なしに心身の負担になっている可能性がある。睡眠の生理は年齢によって異なるため、年齢層を広げて同様の傾向が見られるかどうか検証したい」と話している。

最新記事