メニュー 閉じる

47News

医療新世紀

47NEWSの医療・健康サイトは、共同通信社と52新聞社が役に立つ医療、介護、健康情報をお届けします。最新ニュース、医師ら医療専門家のコラムやQ&A、共同通信の連載「医療新世紀」などの関連記事も充実。

ほどほど飲酒も脳に有害か 

2017.7.4 14:46
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
 ほどほどの量の飲酒でも、脳には有害な可能性があるとの研究が英医学誌に発表された。飲酒の「適量」を巡る議論に一石を投じそうだ。
 ロンドン大などのチームは、平均年齢43歳の健康な男女500人余りを1985年から約30年間追跡。定期的に脳機能の検査をし、終了時には磁気共鳴画像装置(MRI)の検査も加えて、飲酒量との関係を調べた。
 年齢や学歴などの影響を調整し分析したところ、日本のビール中瓶に換算して1日1本程度の飲酒量でも、記憶などをつかさどる脳の海馬という部位が萎縮するリスクが、飲まない人より約3倍高いとの結果が得られた。影響が見られたのは海馬の右側だけだった

最新記事

関連記事一覧