メニュー 閉じる

47News

医療新世紀

47NEWSの医療・健康サイトは、共同通信社と52新聞社が役に立つ医療、介護、健康情報をお届けします。最新ニュース、医師ら医療専門家のコラムやQ&A、共同通信の連載「医療新世紀」などの関連記事も充実。

がん診断後にPTSDも

2017.12.19 0:21
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 がんの診断で強い精神的苦痛を感じた患者の約2割が心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症していたとの研究結果を、マレーシアのチームが米医学誌に発表した。
 研究は、一つの専門施設でがんの診断を受けて間もない18歳以上の患者469人が対象。診断により精神的苦痛を強く感じていた患者203人について面接で精神的な状態を評価したところ、半年後の時点で21・7%にPTSDの症状がみられた。4年後は6・1%に減っていたが、中には症状が悪化した人もいた。
 PTSDに対する継続的なケアの必要性が示された。チームは「がん患者に対し、精神的な助けを求めるのは悪いことではないとの啓発が必要だ」としている。

 
 

 

最新記事