高齢者、転ばぬ“ご用心” 危ない箇所に普段から気配りを

 
 
2018年05月30日
中日新聞中日新聞

 高齢者が転倒して骨折すると、活動できない間に筋肉が衰えて寝たきりになりやすい。健康寿命を延ばすのに、転倒防止は重要だ。どんな場所が危ないのか高齢者自身が意識するとともに、周囲がちょっとした気配りをす ...

記事全文を読む