メニュー 閉じる メニュー

しゃっくり、治療用ガスでピタッ 久留米・聖マリア病院医師が開発

2020.1.20 6:00 西日本新聞
しゃっくりを止めるガスと吸入マスクを持つ大渕俊朗医師

しゃっくりを止めるガスと吸入マスクを持つ大渕俊朗医師

 聖マリア病院(福岡県久留米市)呼吸器外科の大渕俊朗医師(57)が、長期間しゃっくりが続く重症患者向けに治療用ガスを開発した。めまいや難聴治療で一般に使われる酸素と二酸化炭素(CO2)の混合ガスを改良 ...