メニュー 閉じる メニュー

宮古島の野草で難病ALSの進行を抑制? 日大がマウス実験 治療薬の開発に期待

2020.2.5 6:00 沖縄タイムス
武蔵野免疫研究所が宮古島市内で栽培している「宮古ビデンス・ピローサ」(同研究所提供)

武蔵野免疫研究所が宮古島市内で栽培している「宮古ビデンス・ピローサ」(同研究所提供)

 日本大学は3日、独自の方法で栽培した宮古島産タチアワユキセンダングサ「宮古ビデンス・ピローサ(BP)」のエキス粉末が、難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」によって起きる脊髄の運動神経細胞の減少を抑え ...