メニュー 閉じる メニュー

てんかん悪化の仕組み解明 群馬大、新治療法へ期待

2019.10.30 0:00 共同通信

 群馬大大学院医学系研究科の柴崎貢志准教授は29日、前橋市内で記者会見し、自身の研究チームが、てんかん発作時に脳内の発熱でTRPV4というタンパク質が異常活性化し、病態を悪化させるという仕組みを世界で ...