メニュー 閉じる メニュー

発達障害⑧ 大人になって診断増加 切れ目ない支援で適切な治療を

2019.5.1 0:00 岐阜新聞

 かつて「発達障害」の中でも、特に「自閉症スペクトラム障害(ASD)」や「注意欠如・多動性障害(ADHD)」は小児・思春期の疾患で、大人になれば症状は自然と消失するか、目立たなくなると思われていました ...