メニュー 閉じる メニュー

パーキンソン病最新治療「デュオドーパ」とは 阪大教授が講演

2018.9.24 14:00 神戸新聞
進行期のパーキンソン病の治療法について講演する大阪大大学院の望月秀樹教授=神戸市中央区雲井通5、神戸市勤労会館

進行期のパーキンソン病の治療法について講演する大阪大大学院の望月秀樹教授=神戸市中央区雲井通5、神戸市勤労会館

 パーキンソン病の最新治療法を紹介する医療講演会が16日、神戸市中央区雲井通5、神戸市勤労会館で開かれた。大阪大大学院の望月秀樹教授(58)らが、進行期の症状緩和に有効な「レボドパ・カルビドパ配合経腸 ...