メニュー 閉じる メニュー

神経障害性疼痛「自己抗体」が一因 九大院の研究グループが解明 早期発見、治療法確立の期待

2018.9.10 11:00 西日本新聞

 九州大大学院医学研究院の研究グループは、強烈な痛みやしびれが生じる「神経障害性疼痛(とうつう)」について、痛みを伝える感覚神経を攻撃する「自己抗体」が一因となっていることを解明した。国内に約600万 ...