メニュー 閉じる メニュー

愛媛大、補助人工心臓「インペラ」治療を開始 四国初の患者、回復順調

2019.1.1 0:00 愛媛新聞
補助循環装置「インペラ」。足の付け根や鎖骨下動脈から心臓に挿入し患者の負担が少ない(愛媛大医学部附属病院提供)

補助循環装置「インペラ」。足の付け根や鎖骨下動脈から心臓に挿入し患者の負担が少ない(愛媛大医学部附属病院提供)

 愛媛大医学部附属病院(東温市志津川)はこのほど、重症心不全患者の血液循環を補助するポンプカテーテル「インペラ」の使用を始めた。病院によると、8月に四国で初めてとなる治療をした患者は順調な経過をたどっ ...