メニュー 閉じる

47News

マダニ感染治療法開発に道 インフル薬有用、愛媛大

2017.11.10 18:10 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の治療に、インフルエンザ薬のアビガン(一般名・ファビピラビル)が一定の有用性を持つことが確認されたと、愛媛大や国立感染症研究所な ... [記事全文]

関連記事一覧