メニュー 閉じる メニュー

結核、在留外国人の患者増 感染知らず来日、言葉の壁で重症化

2019.9.17 10:00 中日新聞
 

 

 アジア出身の技能実習生や留学生が結核の感染に気付かないまま来日し、実習先の企業などで発病するケースが増えている。在留外国人が東京に次いで多い愛知県では、健康診断で発病の兆候を指摘されても、仕事を失 ...

関連記事 一覧へ