メニュー 閉じる メニュー

特徴的な超長寿者の免疫 健康寿命延ばす鍵か

2020.3.13 14:41
 110歳以上の超長寿者「スーパーセンチナリアン」の血液中には、通常少量しか存在しない特殊な免疫細胞が多く含まれていることを理化学研究所生命医科学研究センターと慶応大医学部百寿総合研究センターの共同チームが突き止めた。
 2015年国勢調査によると、国内に100歳以上は約6万2千人いるが、110歳以上は146人と少ない。一般的には高齢になると免疫力が低下し、がんや感染症のリスクが急激に高まる。スーパーセンチナリアンは致命的な病気を回避してきたとも言え、その免疫システムを理解すれば健康寿命を延ばすヒントが得られるかもしれない。
 
 

 

 研究チームは、スーパーセンチナリアン7人と50~80歳5人の計12人から血液を採取し、免疫細胞を抽出して解析した。すると、さまざまな免疫細胞の中でも「T細胞」と呼ばれる仲間の構成が両者の間で大きく異なることが分かった。
 T細胞には免疫の司令塔として重要なヘルパーT細胞や、異物を認識して破壊するキラーT細胞などがあるが、スーパーセンチナリアンは50~80歳に比べキラーT細胞の割合が高かった。特に通常はT細胞全体の数%しか存在しない「CD4陽性キラーT細胞」が25%前後も含まれていた。年齢を重ねる過程のある時期から、細胞分裂を繰り返し、クローンのように増殖した可能性がある。
 理化学研究所の橋本浩介専任研究員は「CD4陽性キラーT細胞が人の免疫システムの中でどんな役割を担っているのかは明らかになっていないが、マウスの実験では皮膚がんの一種メラノーマを排除したことが示されている。老化や長寿との関係解明が期待される」と話している。

最新記事