メニュー 閉じる メニュー

医師―患者意思疎通の手引

2018.3.6 11:00

  NPO法人「がんと共に生きる会」と製薬会社ノバルティスファーマは、がん患者と医療者がコミュニケーションをうまく取るための情報をまとめた冊子「手をつなぐ。伝えきること、わかり合うこと。」を同社のウェブサイトで公開した。

 多くの選択肢の中から治療を選択する際、医師とのコミュニケーション不足で不信感や判断の迷いが生じることがある。冊子は、患者200人の調査を基に具体的な医師とのやりとりでの成功例、失敗例を挙げたほか、双方の意見を紹介。「納得いく選択をするための一助に」としている。

 A4変形判、本文26ページ。入手には「ノバルティス、こころのサポート」で検索を。

 
 

 

最新記事