メニュー 閉じる メニュー

潰瘍治療用の人工タンパク質開発 京大、患部に貼り付け

2020.1.21 19:27 共同通信
スポンジ状の人工タンパク質

スポンジ状の人工タンパク質

 深い傷が長期間ふさがらない「難治性皮膚潰瘍」の患部に貼り付けて治療するスポンジ状の人工タンパク質を開発したと、京都大や三洋化成工業(京都市)のチームが21日、発表した。  現場の医師が主体となる医師 ...