新生児に先天性の「難病」検査 早期診断で病状進行抑制へ 熊本、福岡では全県規模で実施

2019年07月16日
西日本新聞西日本新聞

 生まれたばかりの赤ちゃんに先天性の病気がないかを調べる「新生児マススクリーニング」。熊本、福岡両県では、国の指定難病「ライソゾーム病」も任意で検査しており、全国でも珍しい取り組みという。治療法の開発 ...

記事全文を読む