メニュー 閉じる

47News

がん治療後の出産へ初指針 学会、卵子凍結も選択肢

2017.6.20 0:43 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
生殖能力を残すための主ながんへの対応策

生殖能力を残すための主ながんへの対応策

 日本癌治療学会は19日、若いころにがんになっても治療後に子を持つ可能性を残す具体的な方法を示した初の指針をまとめた。卵子の凍結保存など生殖能力を残す方法を治療の選択肢として普及させるのが狙い。患者 ... [記事全文]

関連記事一覧