メニュー 閉じる

47News

iPS細胞のがん化リスク防ぐ 京大、効率除去法を開発

2017.5.19 1:29 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)からさまざまな組織などを作り出す際、がん化のリスクのある細胞を効率的に取り除く手法を開発したと、京都大の斉藤博英教授(生命工学)らのチームが18日付の海外科学誌電子 ... [記事全文]