メニュー 閉じる

47News

血液のがん細胞狙い撃ち死滅 阪大が実験成功、免疫療法開発へ

2017.11.7 1:03 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見する大阪大の保仙直毅准教授=6日午後、大阪府吹田市

記者会見する大阪大の保仙直毅准教授=6日午後、大阪府吹田市

 血液のがんの一種「多発性骨髄腫」の細胞だけを攻撃し、大半を死滅させることにマウスを使った実験で成功したと、大阪大の保仙直毅准教授(腫瘍免疫学)のチームが6日付の米医学誌ネイチャーメディシン電子版に ... [記事全文]