メニュー 閉じる メニュー

玉野市がん対策条例制定1年 50代の大腸内視鏡検査呼び掛け

2019.12.5 11:07 山陽新聞
岡山赤十字病院玉野分院で大腸内視鏡検査に取り組む横山分院長

岡山赤十字病院玉野分院で大腸内視鏡検査に取り組む横山分院長

 日本人の死因1位である「がん」の予防、早期発見を図る玉野市がん対策推進条例が昨年12月に制定されて1年を迎える。全国のがん患者数は約100万人と過去最多を更新し、中でも大腸がんが最も多い。早期発見に ...