メニュー 閉じる メニュー

膵臓がん治療 効果高める可能性 岡山大、新ウイルス製剤で確認

2019.11.28 22:44 山陽新聞
藤原俊義教授(左)と田澤大准教授

藤原俊義教授(左)と田澤大准教授

 岡山大大学院の藤原俊義教授(消化器外科)と岡山大病院新医療研究開発センターの田澤大准教授(遺伝子治療)らの研究グループは、独自開発した腫瘍融解ウイルス製剤・テロメライシンにがん抑制遺伝子「p53」を ...