メニュー 閉じる メニュー

胃がん検診AI支援 22年実用化目指す

2019.9.24 5:00 神奈川新聞
AIメディカルサービスがすでに研究開発を進めているAIによる内視鏡検査診断支援システムの画像。胃がん部位をマークして表示している(川崎市産業振興財団提供)

AIメディカルサービスがすでに研究開発を進めているAIによる内視鏡検査診断支援システムの画像。胃がん部位をマークして表示している(川崎市産業振興財団提供)

 人工知能(AI)開発企業と川崎市内の医療機関などが協力し、医師による胃がん内視鏡画像の診断をAIにサポートさせる日本初のシステム開発に挑んでいる。医療技術の進展で、読み取るべきデータ量が膨大になる ...