メニュー 閉じる メニュー

精子・卵子保存 支援を 若年がん患者に不妊の不安 

2019.8.27 12:00 中日新聞
 

 

 医学の進歩で、小児がんや、AYA世代と呼ばれる十五~三十九歳のがんの治療成績が向上する中、子どもをつくれる可能性「妊孕性(にんようせい)」を残すことが課題になっている。精子や卵子を凍結保存する試み ...