メニュー 閉じる メニュー

<いまを生きる 長崎のコロナ禍>「陽性でも支える」覚悟と葛藤 コロナ禍の訪問介護 感染の恐怖と戦う

2021.6.11 11:10 長崎新聞

 「感染するかも」「もし私が感染させたら」-。新型コロナウイルスの渦中、高齢者や障害者の訪問介護を担うホームヘルパーらは日々こうした葛藤を抱えながら生活を支えている。「たとえ利用者が陽性になっても」。 ...

関連記事 一覧へ