ひたちなか→牛久 実際のルートで移動 「避難体験」で課題探る 東海第二の事故想定

2022年12月01日
東京新聞東京新聞

 日本原子力発電東海第二原発(茨城県東海村)の三十キロ圏内に含まれるひたちなか市の市民が、原発で重大事故が発生した想定で避難先の牛久市まで実際に移動してみる「避難体験」のイベントがあった。 ...

記事全文を読む