うるま市で確認の鳥インフルエンザ、高病原性ウイルスは検出されず 沖縄県は野鳥監視を継続

2022年12月08日
琉球新報琉球新報

 沖縄県うるま市内で回収された野鳥「ハシビロガモ」の死骸からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されたことについて、環境省と県環境部は7日、高病原性ウイルスは検出されなかったと発表した。これを ...

記事全文を読む
琉球新報社琉球新報社

毎日が沖縄特集!沖縄の最新ニュースから観光、歴史、地元の人しか知らないローカル情報まで~検索では見つからない「沖縄」があなたを待っています。 https://lp.ryukyushimpo.jp/digital