PFAS、32地点で国の指針を超える 米軍基地周辺、嘉手納で最高42倍 沖縄県の22年度夏の調査 

2022年12月02日
琉球新報琉球新報

 人体に有害とされる有機フッ素化合物(PFAS)が米軍基地周辺の地下水などから高い値で検出されている問題で、沖縄県環境部は1日、残留実態調査の2022年度夏季結果を公開した。調査46地点のうち32地点 ...

記事全文を読む
琉球新報社琉球新報社

毎日が沖縄特集!沖縄の最新ニュースから観光、歴史、地元の人しか知らないローカル情報まで~検索では見つからない「沖縄」があなたを待っています。 https://lp.ryukyushimpo.jp/digital