【台湾】三井不動産、ららぽーと台中を23年春開業へ[商業]

2022年12月07日
NNANNA

三井不動産は6日、台中市東区で建設を進めている複合型ショッピングセンター(SC)「三井ショッピングパーク ららぽーと台中」を2023年春にグランドオープンすると発表した。台湾でららぽーとを開業するのは初めて。

ららぽーと台中は台湾鉄路(台鉄)台中駅から徒歩約6分の場所に位置する。建物は地下1階・地上7階から成る北館と地下1階・地上4階から成る南館の2棟で、このうち南館(約40店舗)を23年1月17日にプレオープンする。台湾初進出の日系スーパー「ロピア」や、カジュアル衣料品「ユニクロ」と「ジーユー(GU)」による共同大型店などが目玉。23年春のグランドオープン後は、北館(約260店舗)を合わせた約300店舗を展開する予定としている。

三井不動産は台北市南港区で「三井ショッピングパーク ららぽーと台湾南港」(仮称)を23年に、高雄市鳳山区で「三井ショッピングパーク ららぽーと高雄」(仮称)を26年にそれぞれ開業する予定。

ららぽーと台中の外観イメージ(三井不動産提供)
ららぽーと台中の外観イメージ(三井不動産提供)