【タイ】現代自動車、タイに生産・販売子会社設立[車両]

2022年12月07日
NNANNA

韓国の現代自動車は、タイに生産・販売子会社のヒュンダイ・モビリティー(タイランド)を設立した。自社販売および電気自動車(EV)の現地組み立てに乗り出す。プラチャーチャート・トゥラキットの最新号が報じた。

ヒュンダイ・モビリティー(タイランド)の登録資本金は7,000万バーツ(約2億7,300万円)。9月に設立した。事務所は首都バンコクのスクンビット通り・ソイ26のリッチモンドビル12階。来年4月に正式稼働する見通し。

現代自動車はこれまで双日が8割出資するヒュンダイ・モーター(タイランド)にタイ国内での販売を委託してきたが、今後は自社で販売活動を展開し、EVの現地組み立てに乗り出す計画。ヒュンダイ・モーター(タイランド)とは社員の異動などについて交渉しており、タイ投資委員会(BOI)とも近く投資恩典に関する交渉を開始する方針。

現在はインドネシアから輸入した小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「クレタ」の販売に力を入れており、EV「アイオニック5」の販売も検討している。