【シンガポール】陸運大手とゴジェック、人材不足解消で協力[運輸]

2022年11月29日
NNANNA

シンガポールの陸運大手コンフォートデルグロとインドネシアの配車・配送サービス大手ゴジェックは28日、ゴジェックのアプリを通じてコンフォートデルグロのタクシーを利用できるサービスを提供すると発表した。運転手不足の問題を解消するのが狙いだ。

両社は今後2年間にわたり、ポイントツーポイント(P2P、2地点間輸送)業界で生じるさまざまな問題を解決する共同プロジェクトを進める計画で、今回の提携はその一環となる。

これ以外にも、保険、運転手の研修、車両メンテナンスなどの事業支援ソリューションを提供するほか、電気自動車(EV)事業や追加収入を得る機会の創出なども進める。

コンフォートデルグロのプライベート・モビリティー・グループ最高経営責任者(CEО)のジャクソン・チア氏は、「タクシー稼働率の向上により運転手の収入が増加し、福利厚生の改善につながる。これにより、職業資格の保有者がP2P業界に戻ってくるようになり、乗客の利便性も高まる」と語った。