煙もくもく「いぶしダイコン」作り 新潟・魚沼の伝統食、燻製の香りと食感特長

魚沼地域伝統の「いぶしダイコン」作り。数日間にわたり火加減を調整する=12月5日、魚沼市大浦新田
魚沼地域伝統の「いぶしダイコン」作り。数日間にわたり火加減を調整する=12月5日、魚沼市大浦新田
2022年12月05日
新潟日報新潟日報

 冬の冷え込みが厳しさを増す中、新潟県魚沼市大浦新田で越冬食の「いぶしダイコン」作りが行われている。作業場では5日も、火をたいて煙が立ちこめる中、天井からつるされた無数のダイコンがいぶされていた。 ...

記事全文を読む
新潟日報社新潟日報社

Webニュースサイト「新潟日報デジタルプラス」には、あなたが知りたい新潟のニュースがつまっています。新潟日報の確かな情報を手軽にご利用いただけます。

https://www.niigata-nippo.co.jp/