新潟小千谷市、市民の不妊治療費を補助 12月申請受け付け開始

小千谷市役所
小千谷市役所
2022年11月28日
新潟日報新潟日報

 新潟県小千谷市は25日、市民の不妊治療の費用を助成すると発表した。年度当たり2回まで、20万円を上限に、検査や人工授精などの費用を補助する。12月中に申請受け付けを始める予定だ。  4月に国が不妊 ...

記事全文を読む
新潟日報社新潟日報社

Webニュースサイト「新潟日報デジタルプラス」には、あなたが知りたい新潟のニュースがつまっています。新潟日報の確かな情報を手軽にご利用いただけます。

https://www.niigata-nippo.co.jp/