被害者救済法案、今夕成立 会期末、異例の土曜審議

参院消費者問題特別委で答弁する岸田首相=10日午前
参院消費者問題特別委で答弁する岸田首相=10日午前
2022年12月10日
共同通信共同通信

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題の被害者救済法案を審議する参院消費者問題特別委員会が10日、開かれた。今国会の会期末となるこの日は、岸田文雄首相らへの質疑を実施した上で午後に採決。与党は会期を延長しない方針で、可決後、参院本会議に緊急上程され、夕方に採決し可決、成立となる運び。土曜の日中に審議、採決するのは異例だ。

 首相は参院特別委で「成立後も政府として実効性を高めるために努力をしなければならない」と述べ、法律解釈の明確化に取り組むとした。また政策に対する旧統一教会の影響を問われ「特定の一団体の要望で不当にゆがめられることはない」と否定した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/