知床沈没船、ハッチのふた外れる 船首側、海水流入した可能性

海面上までつり上げられた観光船「KAZU 1」=5月、北海道斜里町沖
海面上までつり上げられた観光船「KAZU 1」=5月、北海道斜里町沖
2022年12月09日
共同通信共同通信

 北海道・知床半島沖で4月に起きた観光船「KAZU 1(カズワン)」沈没事故で、引き揚げられた船体の甲板前方にあるハッチのふたが外れていたことが9日、関係者への取材で分かった。事故原因を調べている運輸安全委員会は、この部分から海水が船内に流入した可能性があるとみており、これらの調査状況をまとめ、近く国土交通省に報告する見通し。

 関係者によると、カズワンの甲板には船倉に出入りするためのハッチが複数あり、波をかぶっても浸水しないようふたで密閉することになっていた。しかし、海底から引き揚げられた船体は、船首付近のハッチのふたが外れていた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/