接種、生後6カ月以上に 米、コロナ2価ワクチン

2022年12月09日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は8日、新型コロナウイルスのオミクロン株BA・4とBA・5に対応した2価ワクチンの接種対象年齢を引き下げ、生後6カ月から可能にする緊急使用許可を出した。屋内で過ごすことが多い冬場の感染対策。米国では、モデルナとファイザーが製品を供給している。

 流行初期のウイルスを基にしたモデルナの従来品を2回打ち終えている子どもには、追加接種として2価ワクチンが使える。ファイザーの従来品の3回接種の対象になっている子どもは、3回目を2価ワクチンに変更する。既に3回終えている場合は、現段階で追加接種は不要だとした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/