英王子夫妻、暗に王室批判 過熱報道対策に非協力的

2022年12月08日
共同通信共同通信

 【ロンドン共同】チャールズ英国王の次男ヘンリー王子とメーガン妃が、8日に公開された米動画配信大手ネットフリックスの番組で、王子家族への過熱報道が「私たちを破滅させようとしている」と大衆紙などを非難した。メディアスクラム対策に非協力的で家族を守ってくれなかったとして、王室も暗に批判した。英メディアが伝えた。

 王子夫妻は過熱報道による被害などを理由に2020年に王室公務を引退し、米国に移住した。

 王子は番組で、アフリカ系米国人のメーガン妃に対する人種差別的な報道があっても「王室からの指示は『何も話すな』だった」と振り返った。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/