ペルー大統領を罷免 汚職疑惑、議会と対立

ペルーの大統領に就任したディナ・ボルアルテ副大統領=7日、ペルー・リマ(AP=共同)
ペルーの大統領に就任したディナ・ボルアルテ副大統領=7日、ペルー・リマ(AP=共同)
2022年12月08日
共同通信共同通信

 【サンパウロ共同】南米ペルーの国会は7日、急進左派ペドロ・カスティジョ大統領の罷免を可決した。汚職疑惑や不適任な閣僚の任命が理由。議会と長く対立していた。

 規定によりディナ・ボルアルテ副大統領が大統領に就任、同国初の女性大統領となった。

 カスティジョ氏は罷免に先立ち国会の解散と臨時政府の樹立などを発表したが、陸軍トップや首相や外相らが反発して辞任を表明。罷免が避けられなくなった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/