福島で鳥インフルエンザ疑い 養鶏場、県内2例目

2022年12月06日
共同通信共同通信

 福島県は6日、約10万4千羽を飼育している同県飯舘村の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと明らかにした。県内の養鶏場では2例目。今後の遺伝子検査で陽性が確定した場合、全羽が殺処分の対象となる。

 県によると6日午後4時ごろ、養鶏場から「普段よりも死ぬ羽数が増加している」と通報があった。簡易検査では13羽中9羽が陽性だった。

 県内では11月末にも伊達市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認され、約1万4千羽が殺処分された。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/

新聞社の注目記事

PFAS、国が規制強化に踏み出さない理由とは 健康影響を懸念し欧米は先行 「先回りの対策」求める声
06時00分
東京新聞東京新聞
土師ダムの放流設備復旧 原因は調査中
01月30日
中国新聞中国新聞
福山駅「さんすて」で9店舗改装、マクドナルドやジェラートピケ出店
01月30日
中国新聞中国新聞
「キム・ヨンジュン」が指示? 狛江の強盗殺人事件、被害品は腕時計3本とダイヤの指輪
06時00分
東京新聞東京新聞
いないはずの人工交雑魚「クエタマ」が鹿児島湾で相次ぎ目撃 養殖場から逃げた? 生態系への影響危惧
10時04分
南日本新聞南日本新聞
出勤ラッシュの沖縄・那覇でマンホールから水あふれる 市役所前、配水管から漏水 
01月27日
琉球新報琉球新報
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 47NEWS公式Twitter
  • 2023年度 大学入学共通テスト