水道工事現場で爆発、東京 男性作業員が死亡

消防隊員らが集まり騒然とする、爆発があった工事現場周辺=6日午後1時8分、東京都江戸川区
消防隊員らが集まり騒然とする、爆発があった工事現場周辺=6日午後1時8分、東京都江戸川区
2022年12月06日
共同通信共同通信

 6日午前11時10分ごろ、東京都江戸川区船堀6丁目の都水道局発注の工事現場で「爆発があった」と119番があった。警視庁や東京消防庁によると、50~60代ぐらいの男性作業員が病院に運ばれ、死亡が確認された。

 他に30代ぐらいの男性作業員が現場のマンホール内に閉じ込められたとみられ、東京消防庁などが救助活動を急いでいる。

 警視庁によると、2人はマンホール内ではしごを交換する作業をしていたとみられる。

 現場は都営地下鉄新宿線の船堀駅から南東に約600メートルの住宅街。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/