森保監督「勇敢に戦った」 日本、初の8強届かず

PK戦の末クロアチアに敗れ、サポーターにあいさつする森保監督=アルワクラ(共同)
PK戦の末クロアチアに敗れ、サポーターにあいさつする森保監督=アルワクラ(共同)
2022年12月06日
共同通信共同通信

 【アルワクラ共同】サッカーのW杯カタール大会で5日、日本は決勝トーナメント1回戦で敗退し、目標に掲げてきた8強入りを逃した。森保一監督は試合後の会見で「選手は勇敢に戦ってくれた。結果は残念だが、受け止めたい」と話した。

 前半43分に先制ゴールを決めた前田大然(セルティック)は「また一から出直さないといけない。(得点は)勝たないと意味がない」と悔しさを押し殺した。日本が16強による決勝トーナメントの1回戦で敗れるのは4度目で、主将の吉田麻也(シャルケ)は「この(8強への)壁を破るためにチャレンジしてきた。最後に結果が出なくて本当に悔しい」と肩を落とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/