ファンらに歓喜の雄たけび クロアチアで観戦会

クロアチアの首都ザグレブで日本戦を観戦するサポーターら=5日(共同)
クロアチアの首都ザグレブで日本戦を観戦するサポーターら=5日(共同)
2022年12月06日
共同通信共同通信

 【ザグレブ共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の決勝トーナメント1回戦で日本と対戦したクロアチアでは5日午後、首都ザグレブの中心部の広場や飲食店に設置されたスクリーンで市民らが試合を観戦した。日本が先制点を入れるとファンから悲鳴が上がり、追い付いたクロアチアがPK戦を制すると、歓喜の雄たけびが広がった。

 試合開始の直前に雨が降り出す中、大型スクリーンが設置された広場のパブリックビューイング会場には、赤白のチェック柄のユニホームを着たサポーターが集結。会社員のマデロ・パウロビッチさん(23)は「技術力で勝るクロアチアが勝つ」と断言した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/